タイトル 責任という原理[新装版]
サブタイトル 科学技術文明のための倫理学の試み
刊行日 2010年10月1日
著者 ハンス・ヨナス著 加藤尚武監訳
定価 4800+税
ISBN 978-4-88713-999-2
Cコード 3012
ページ数 472
判型 A5
製本 上製

今こそ全存在の未来を担う「責任という原理」へ「希望」とは、確実な裏書きもなしに、現在が未来へ向け振り出した約束手形だ。そして「持続可能な開発」などの耳障りのいい決まり文句が示すように、人類はなお「希望という原理」に浸蝕されたままだ。未来への「責任」の自覚なしに推進される「希望」は、すなわち悪しき終末への道だ。強権という前近代的な方途を超えた人類の英知糾合のため、今こそ自然に対する人類の歴史的責任を告知・論証した本書再読・熟読の時だ。

第1章 人間の行為の本質は変わった
第2章 基礎問題と方法問題
第3章 目的と「存在の中での目的の位置」について
第4章 善(良さ)、当為、存在─責任の理論
第5章 今日の責任─危機にさらされる未来と進歩思想
第6章 ユートピア批判と責任の倫理訳者による解説
著作目録
参考文献
訳者あとがき
索引

関連書籍
ページ上部へ戻る