タイトル 近代日本海外留学の目的変容
サブタイトル 文部省留学生の派遣実態について
刊行日 2010年11月1日
著者 辻直人
定価 4800+税
ISBN 978-4-7989-0024-7
Cコード 3037
ページ数 434
判型 A5
製本 上製

「直流型」から「交流型」へ─留学政策変容の実態明治初年以降戦前65年間一貫して続けられ、わが国留学生の中核を占めた「文部省留学生」の渡航目的は、大正末年頃を境に大きく変化した。本書はこの「最新海外情報摂取」から「相互文化交流」への目的変容の実態及び原因を、この間3180人に及ぶ文部省留学生につき著者が初めて行った精細な調査(巻末に一覧表掲示)に基づき実証的に明らかにすると共に、今後の国際交流の在り方についても新鮮な示唆をもたらす、時宜を得た労作である。

序章 課題と方法
第一部 高等教育拡充問題と文部省留学生派遣
 第一章 データベース分析による文部省留学生派遣の全体動向
 第二章 帝国大学からの文部省留学生選抜
 第三章 直轄学校からの文部省留学生選抜
第二部 外交関係の変化と留学
 第四章 日米教育関係の質的転換
 第五章 文部省留学生のアメリカ留学評価
 第六章 直流型から教育・学術交流型への様々な変化
 終 章 結論と今後の課題
主要参考文献
文部省留学生一覧表

関連書籍
ページ上部へ戻る