タイトル 高齢社会を生きる
サブタイトル 老いる人/看取るシステム
刊行日 2007年10月27日
著者 清水哲郎 編
定価 1800+税
ISBN 978-4-88713-791-2
Cコード 0330
ページ数 208
判型 四六
製本 並製

知の新しい道しるべ。家庭や地域における高齢者医療の現状と課題を捉え直し、新たな実践の場として「ナラティブホーム」をドキュメントする。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。

Ⅰ 家庭と医療現場をつなぐ
 第1章 人生の終末期における医療と介護――意思決定プロセスをめぐって
 第2章 予め決めておく――事前指示をどう考えるか
 第3章 食べられなくなったとき――胃瘻という選択肢の意味
Ⅱ 地域社会における生と死
 第6章 「看取りの文化」の再構築へむけて――「間」へのまなざし
 第5章 「看取り」を支える市民活動――ホスピスボランティアの現場から
Ⅲ 高齢化医療システムの現状と課題
 第7章 さまよえる高齢者の現実――療養病床を持つ病院の個人データからみえてくるもの
 第8章 高齢者をめぐる医療システムのこれから――お金は大事だがすべてではない?
 第9章 医師が目指す「ナラティブホーム」

関連書籍
ページ上部へ戻る