タイトル [新装版] 大杉榮の思想形成と「個人主義」
刊行日 2014年06月05日
著者 飛矢﨑雅也
定価 2700+税
ISBN 978-4-7989-1237-0
Cコード 3031
ページ数 328
判型 四六
製本 並製

徹底した権力批判と独自の社会的個人主義
―強烈な人間性が培ったユニークな政治思想の再定置
大杉榮の強烈な個性は、会ったものたちに電撃を走らせた。若い
学究を魅了した大杉の「自由主義」とは、「個人主義」とはなにか。
あらゆる強制と隷従に反対し、突破しようとした大杉の自由な魂への
共感を収める。

第1章 先行研究の概観と分析
第2章 思想形成の過程
 第1節 " 生" の目覚め――少年時代
 第2節 社会主義の一兵卒――社会主義運動への参加
 第3節 監獄――自立の思想
 第4節 大逆事件――「縊り残され花に舞ふ」
 第5節 『近代思想』時代――「冬の時代」を破る
 第6節 葉山事件――新しい出発
第3章 大杉榮の個人主義
 第1節 「社会的個人主義」
 第2節 「個人」と「社会」――大杉榮の自我思想
 第3節 「明治社会主義者」との比較
 第4節 当時の「文壇の個人主義者」との比較
 第5節 大杉榮の個人主義

関連書籍
ページ上部へ戻る