タイトル これからの教養教育
サブタイトル 「カタ」の効用
刊行日 2008年03月12日
著者 佐藤仁 編
定価 2000+税
ISBN 978-4-88713-818-9
Cコード 0330
ページ数 240
判型 四六
製本 並製

知識の集積としての教養を超えて
諸学に潜在する歴史に培われた固有の「カタ」――これらの内面化こそ教養教育の最初のゴールだ。

第Ⅰ部 「カタ」としての教養
 古典文献学とはどういう学問か――人文学の「カタ」
 中世日本における「文字遣い」をめぐって――コミュニケーションの「カタ」
 歴史を録することと探求すること――歴史の「カタ」
 儀礼が法をつくる――法学の「カタ」
 教養としての発信力――リテラシーの「カタ」
コラム
 「数学的な考え方」をめぐって、細胞・身体・運動と科学――自己理解の「カタ」を求めて
 これじゃ科学技術立国も「カタナシ」――環境問題に関する議論の非論理性
 歴史学と物理学の「カタ」の違い
 「儀礼が法をつくる」を読んで)
第Ⅱ部 教養教育の再構築に向けて
 《鼎談》これからの教養教育
 イートンから海陽へ
 ハーバード・カレッジの教養教育

関連書籍
ページ上部へ戻る