タイトル 大学の財政と経営
刊行日 2009年7月1日
著者 丸山文裕
定価 3200+税)
ISBN 978-4-88713-926-8
Cコード 3037
ページ数 248
判型 A5
製本 上製

立ちはだかる難問超克の方途は?いま日本の大学の前には、困難だが超えねばならぬ目標が屹立している。財政支出停滞の中、一層の質と機能の強化──この難問突破に向けて、国家、大学関係者、国民の創意と努力をいかに傾注すべきか。公財政支出、授業料、奨学金はじめ、大学経営の基盤をなす財政問題を中心に、国立・私立大学双方にわたり、日本と諸外国の豊富な事例を交え、今日の大学のなすべき方途を具体的・的確に分析・考察した労作。

序章 高等教育における財政財務と経営管理の研究
第1 部 大学の財政第
 1 章 高等教育への公財政支出第
 2 章 高等教育のファンディングと大学の授業料第
 3 章 国立大学の財政と財務
 第4 章 私立大学の財政
第2 部 国立大学の法人化と授業料
 第5 章 国立大学法人化と私立大学
 第6 章 日本とスウェーデンの国立大学改革
 第6 章 附論1 フィンランドの高等教育
 第6 章 附論2 デンマークの高等教育の資金配分
 第6 章 附論3 ポルトガルの高等教育改革
 第7 章 国立大学法人化後の授業料
 第7 章 附論 東大の授業料をめぐる動き
第3 部 大学の経営
 第8 章 私立大学の経営環境
 第9 章 学生募集のための授業料と奨学金
 第10 章 私学経営と授業料
 第10 章 附論 学校法人の資金調達
 第11 章 学生支援サービス
 第12 章 アメリカの私立大学経営
 第13 章 アメリカの大学における基本財産管理
 第13 章 附論 日本の私学の資産管理
 第14 章 アメリカにおける家計の大学教育資金の調達
参考文献
索  引

関連書籍
ページ上部へ戻る