タイトル 「深い学び」につながるアクティブラーニング
サブタイトル 全国大学の学科調査報告とカリキュラム設計の課題
刊行日 2013年04月01日
著者 河合塾編著
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-0169-5
Cコード 3037
ページ数 352
判型 A5
製本 並製

一方通行型の講義のみによる大学教育の限界が指摘され、すでに多くの大学でアクティブラーニングの導入が進む。そして今や、単にアクティブラーニングを導入することだけが目的ではなく、いかに学生を「深い学び」に導くのかが問われる段階へと到達してきている。本書は、資格系を除く全国の国公私大の952学科を対象に詳細な調査結果および、先進事例の実地調査の報告を掲載。加えて、「深い学び」につながるアクティブラーニングを探るシンポジウムの全記録を収録。今後のアクティブラーニングと、「専門ゼミ」「専門研究」のあり方を提言する、大学関係者・高校進路担当者必読の書。

第1部 河合塾からの2011年度大学のアクティブラーニング調査報告
第2部 大学からの事例報告
第3部 「深い学び」につながる工夫とは─アクティブラーニングの理論的課題と 実践的課題
 ―何をもってディープラーニングとなるのか?~アクティブラーニングと評価~
京都大学高等教育研究開発推進センター准教授 溝上慎一
第4部 課題抽出と解決策のワークショップ
解 説

関連書籍
ページ上部へ戻る