タイトル CT(授業協力者)と共に創る劇場型授業
サブタイトル 新たな協働空間は学生をどう変えるのか
刊行日 2015年12月10日
著者 筒井洋一・山本以和子・大木誠一 編著
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-1325-4
Cコード 3037
ページ数 216
判型 A5
製本 並製

新たな協働授業は学生をどう変えたか  

 授業は学生への知識提供の場という、教員の多くが抱いている 通念は今や破綻しつつある。今日の学生は知識と共に、むしろ知 識以上に、自己を刷新へと導く未知の起動力と体験を大学に求め ているのだ。教員だけでなく学外からの授業協力者・見学者、さ らに学生自身も隔てなく発言・参画しうる新たな協働授業形態は、 学生はじめ参加者をどう変えたか―本書は、この劇場型授業の実 践記であると共に、内容、意義、将来展望等、当事者 21名を結 集した貴重な論考集である。

はじめに (筒井洋一)

第1章 共感でつながるオープンな大学の教室
1.大学の教室(授業)の現状と課題とは何か? (筒井洋一)
 ⑴共感の戦略
  コラム①:大学教育にイノベーションをもたらした「グループワーク概論」(戸田千速)
2. 課題から見えてきた新たな授業スタイル(筒井洋一)  
  コラム②:学生一人一人に向き合うことで見えてきた「カオス」な授業の魅力 (柳本英里)
  コラム③:まるっとーく in 綾部―グループワーク概論から広がる対話の場―(遠藤 龍)

第2章 学生が学びたくなる授業の工夫
1.授業の秘密を解き明かす(筒井洋一)
 ⑴学外からの参加者が加わる授業公開
 ⑵見学者による授業評価
 ⑶授業に対する質問に答えて
2.授業に関わるステークホルダーの役割と機能
 役割1:授業協力者(Creative Team: CT)
 ⑴共創感のある授業  ―「受ける」授業から「創る」「共に創る」授業へ― (桑原恭祐)
  コラム④:あいさつが授業に入るチェックイン―名札係の重要な役割― (水口幹之)
  コラム⑤:パーソナリティー特性「ビックファイブ」(大木誠一)
 ⑵ちょこっと前にいる大人の視点から、授業に関わる大切さを伝えた― 仲間を知り、共に成長する空間を  創るための piece―(出町卓也)
  コラム⑥:初めて CT が学生に認められた 10 分間 (矢野康博)
 ⑶みんなといっしょに、学びを楽しむ (吉田美奈子)
  コラム⑦:CT を志願した動機と続けられた理由 (小西真人)
 役割2:授業参加者・見学者
 ⑴最多回数授業参加者(見学者)が見た―教室内の『ヒト』の関係性が意欲を高める―(松尾智晶)
  コラム⑧:インストラクショナルデザインの活用(坂井裕紀)
 ⑵学習環境の端から支援する授業参加者(見学者)(坂井裕紀) 
  コラム⑨:授業をゲーム風に味付け!?(三浦祥敬)
  コラム⑩:ゲーミフィケーションの活用 (坂井裕紀)

第3章 アクティブ・ラーニングを促進する新しい学習評価
1.第三者による対話型リフレクション(大木誠一)
 ⑴第三者による対話型リフレクションとは
 ⑵対話型リフレクションの具体的な流れと内容の検討
 ⑶グループワーク概論の構造と対話型リフレクション
 ⑷対話型リフレクションを媒介として拡張した学びあいの場
  コラム⑪:転移(transfer)とは? (大木誠一)
2.学びの意識と学びの場を改善するリフレクション (大木誠一)
 ⑴はじめに
 ⑵Midterm Student Feedback(MSF)
 ⑶MSF の事例
 ⑷まとめ
  コラム⑫:教えるのではなく、「学び合う」(霧嶋 舞)
3.次につながる主体的な学びを促すリフレクション(山本以和子) 
 ⑴学生の学びに対する問題意識
 ⑵ティーチングからラーニングへ
 ⑶主体性を持たせるリフレクション
 ⑷多様なリフレクションの方法
  コラム⑬:アサーショントレーニング(小西真人)
 方法 1.コーチングで次の学びをデザインする (坂本祐央子)
  コラム⑭:見学者を巻き込め!授業は学びのコミュニティづくりと心得よ(水口幹之)
 方法 2.次の挑戦を生み出すファシリテーション (芳本賢治)
  コラム⑮:クリッカーのシステムをつかった、スマートフォンによるリフレクション方法 (田口 晋)
  コラム⑯:メディアを使ったリフレクション―メタのメタから―(加藤尚子)

第4章 劇場型授業スタイルと未来の教育への萌芽
1.劇場型授業スタイルの概念 (山本以和子)
 ⑴社会化された生涯学習者の資質と力
 ⑵資質や力を授業でどのように表現するか
 ⑶劇場型授業スタイルの誕生
  コラム⑰:CT は、“何者”!?(桑原恭祐)
2.筒井実践の課題と可能性―大学教育のイノベーションに繋げるために― (佐藤浩章)
 ⑴授業設計の二つのアプローチ
 ⑵教員に求められる教育上の専門性
 ⑶集合知と即時改善
3.劇場型授業の可能性とそれを支える枠組み(大木誠一)
 ⑴劇場型授業の可能性
  コラム⑱:反転授業は、未来の学びの第一歩 (筒井洋一)

おわりに (筒井洋一)
さらに学びたい人のための書籍リスト
執筆者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る