タイトル 大学理念と大学改革
サブタイトル ドイツと日本
刊行日 2015年04月31日
著者 金子勉著
定価 4200+税
ISBN 9784798912806
Cコード 3037
ページ数 384
判型 A5
製本 上製

精密で今日的意義に富む研究を集大成した遺著。ドイツ及び日本の大学理念・制度・行政研究を中心に、精密・正確な歴史的検証に基づく優れた業績を高等教育分野に残し、2011年に急逝された著者の遺著。本書は、フンボルト理念の再検討をはじめ、ドイツと日本の大学改革の史的研究に教員養成問題等を加えた、著者の業績の集大成であり、その研究の今日的意義は、巻末に収録された6人の研究者による「解題」にも鮮明に反映されている。

第1部 大学理念の再検討
 第1章 大学論の原点―フンボルト理念の再検討
 第2章 ドイツにおける近代大学理念の形成過程
第2部 ドイツにおける大学改革
 第3章 ドイツにおける大学の組織原理と実態
 第4章 ドイツにおける大学改革の動向
 第5章 ドイツにおける大学の質保証の展開
第3部 日本における大学改革
 第6章 大学の法的地位と組織改革 
 第7章 教員養成史と大学の役割
 
 第8章 学部教育改革の課題




解 題
 学問の意義と大学の役割―金子勉の大学研究に学ぶ/高木英明
 金子勉の大学論の原点に関する研究/服部 憲児
   ―「フンボルト理念」をめぐる諸問題について
 金子勉による大学の管理運営制度論の今日的意義/山下晃一
 「大学」制度史に関する覚え書き/大谷奨
  ―金子勉からの示唆を得つつ
 大学の法的地位・設置形態の研究と大学の可能態/大野裕己
  ―金子勉の大学研究に学ぶ

関連書籍
ページ上部へ戻る