タイトル 安楽死法:ベネルクス3国の比較と資料
刊行日 2016年05月30日
著者 盛永審一郎 監修
定価 2,700+税
ISBN 978-4-7989-1359-9
Cコード 3032
ページ数 224
判型 A5
製本 上製

安楽死の理念と法的整備に関する日本への示唆

65歳以上の高齢者が3500万人に及ぶ日本で、終末期医療が必然的に招く「安楽死」は喫緊の問題である。この倫理的パラドクスを孕む状況に明確な立法で応えた国は、未だベネルクス3国のみに留まるが、世界はその認知へ一歩踏み出していることは間違いない。本書は、3国の安楽死法の詳細な解説・翻訳と比較を通じ、いわゆる「尊厳死」や「緩和医療死」も含め、医療上の生命終結の理念と法的整備に関し、この問題が遅々として進まない日本での緊急出版である。

はじめに
本編 ベネルクス3国の安楽死法
1 オランダ安楽死法の内容と実態(盛永審一郎)
2 ベルギーにおける終末期医療に関する法的状況(本田まり)
3 ルクセンブルクにおける終末期医療関係法の現状と課題(小林真紀)
4 ベネルクス3国の安楽死法(盛永審一郎)
資料編 
1 オランダ 
2 ベルギー 
3 ルクセンブルク

関連書籍
ページ上部へ戻る