タイトル 現代国際協力論
サブタイトル 学融合による社会科学の試み
刊行日 2021年1月20日
著者 柳田辰雄編著
定価 3200+税
ISBN 978-4-7989-1675-0
Cコード 3030
ページ数 280
判型 A5
製本 上製

国家間協力はいかにして可能か?―学融合の基礎的枠組み
今日、移民・難民問題、環境問題、世界的パンデミックなど、「国家」という単位では解決できないより複合的な課題が生じている。その一方で、アメリカのトランプ現象やイギリスのBrexit、フランスの極右勢力の台頭など、大国にはより排他的で内向きの力が働いている。このような時代に、国家が相互に協力した課題解決にいかに向かいうるだろうか?本書は、政治学・経済学・法学・社会学・開発学・環境学・宗教学といったディシプリンの叡智を融合させ、トランス・ディシプリナリーな新しい分析視角の方法論を提示する。

第1章 社会科学としての国際協力論
第2章 揺らぐ国際システムの中の国家
第3章 市場経済
第4章 相互依存
第5章 国際通貨・貿易制度
第6章 国際援助の動態
第7章 法と持続可能な発展
第8章 貧困削減と金融包摂
第9章 地球温暖化問題
第10章 生物多様性
第11章 イスラム社会と市場
第12章 日本社会と移民

関連書籍
ページ上部へ戻る