タイトル 文明化と暴力
サブタイトル エリアス社会理論の研究
刊行日 2014年12月01日
著者 内海博文
定価 3400+税
ISBN 978-4-7989-1273-8
Cコード 3036
ページ数 256
判型 A5
製本 上製

「文明化」の只中になぜ過激な「暴力」が出現したのか?

全二〇世紀を通じ、すなわちその生涯を西欧文明の高揚と危機とともに、ユダヤ人研究者として生き抜いたエリアスの営為には、「時代」が深く刻印されている。国家・国民の近代化と暴力の馴致による「文明化」を基点としたその研究を体系的に論考した本書は、他の多くの見解と異なり、ナチズム等現代の「暴力」を、国民形成の限界からの、つまり「文明化の過程が孕む暴力」と分析する。とすれば、今後のグローバル化に伴う新たな文明化にも、更なる危機が潜んでいるだろう。見逃すことのできぬエリアス研究。

序章 『文明化の過程』をめぐって
 一 フロイトとエリアス─「文明化」への問い─ 
 二 マンハイムとエリアス─新興学問としての社会学─
 三 フーコーとエリアス─自分自身からの離脱と自己距離化─
 四 本書の課題と構成 

関連書籍
ページ上部へ戻る