タイトル 発達障害支援の社会学
サブタイトル 医療化と実践家の解釈
刊行日 2015年03月05日
著者 木村 祐子
定価 3600+税)
ISBN 978-4-7989-1286-8
Cコード 3037
ページ数 240
判型 A5
製本 上製

突然の立ち歩きや大声はじめ、かつてわがまま、しつけ不足など非医療的に捉えられていた児童生徒の行動は、現在は「発達障害」に伴う諸症状として医療的に再解釈され、対処されつつある。だが診断や解釈の不確実性、支援方法のばらつき、家族の反発など、問題は一件落着にほど遠い。学校や医療・矯正施設における実践家へのインタビューを中心にこの問題を総括するとともに、現状改善への方向を具体的に追究した本書は、まさに時宜を得た実践的労作である。

はじめに―発達障害児支援への問い
序 章―発達障害児支援の問題と課題
第1章 医療化論と発達障害
第2章 「学習障害」概念の制度化プロセス
第3章 学校における医療化プロセス
第4章 療育施設における諸問題と不確実性
第5章 非行と障害の関連性についての語られ方
第6章 矯正施設における医療化プロセス
第7章 まとめと結論
参考文献
おわりに―発達障害児支援への期待
付 録
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る