タイトル 新自由主義大学改革
サブタイトル 国際機関と各国の動向
刊行日 2014年02月28日
著者 細井克彦 編集代表
定価 3800+税
ISBN 978-4-7989-1221-9
Cコード 3037
ページ数 384
判型 A5
製本 上製

各国大学改革に見る新自由主義―分析を通じ超克へ
今日の大学には各国政府の政策と共に、その政策さえ左右する世銀、IMF、WTO、OECD等、グローバライザーの強制力が色濃く現れている。これら政府・国際機関の重層的パワーが推進する脱アカデミズム、市場主義、大学の企業化等の新自由主義的政策の下、自主性、自律性に基づく大学本来の知的使命をいかに貫くか。本書は、欧米・日本を含むアジア8カ国の新自由主義的大学改革の動向分析を通じ、日本の大学における学問の自由と大学の自治によるその深化・超克の方向を探る。

第Ⅰ部 グローバリゼーションと新自由主義
    ―高等教育改革の原理と手法
 第1章 グローバリゼーションと新自由主義
 第2章 世界銀行の高等教育改革
 第3章 世界銀行・OECDの教育財政論の展開と新自由教育主義
第Ⅱ部 グローバリゼーションと各国大学の革命動向
 第4章 グローバリゼーションとアメリカ大学革命
     ―戦略とその実態
 第5章 グローバリゼーションとイギリスの大学革命
 第6章 グローバリゼーションとニュージーランドの大学革命
 第7章 グローバリゼーションとインドネシアの大学革命
 第8章 グローバリゼーションとベトナムの大学革命
 第9章 グローバリゼーションと中国の大学革命
 第10章 グローバリゼーションと韓国の大学革命
第Ⅲ部 日本の大学革命と新自由主義
 第11章 新自由主義と国立大学法人
 第12章 新自由主義と国立大学法人法
 第13章 新自由主義と国立だいがくのガバナンス
 第14章 新自由主義と公立大学
 第15章 新自由主義と私立大学
 補 章 「グローバル国家」型構造改革と大学
 終 章 総括と問題提起

関連書籍
ページ上部へ戻る