タイトル 日本の大学の知図
サブタイトル 大学再生の思想
刊行日 2024年5月
著者 絹川正吉著
定価 ¥4180(本体¥3800+税)
ISBN 978-4-7989-1865-5
Cコード c3037
ページ数 336
判型 四六
製本 上製

大学のあるべき姿を目指して――。
「選択と集中」に基づいた資金配分など、即時的な科学技術イノベーションを重点化した国家主導の大学政策によって、地に足ついた基礎研究やリベラルアーツ教育がないがしろにされている。これは、教員の自由で創造的な研究機会、そして学生の柔軟で多様な学習機会を阻害し、結果的にわが国の「知」を凋落に導いてすらいる――。本書は、日本の大学の現在地と未来への見取り図を眺望し、特に学士課程におけるリベラルアーツ教育の重要性を改めて唱え、わが国の大学政策の在り方に再考を迫った緊急提言の書!

はじめに
Ⅰ章 日本の学術政策の動向
Ⅱ章 大学教育政策の動向
Ⅲ章 科学と技術
Ⅳ章 総合知と全体知
Ⅴ章 科学とキリスト教
Ⅵ章 キリスト教大学の可能性
Ⅶ章 問われる大学
付録 断想「大学教育研究センター」
初出一覧/あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る