タイトル ICEモデルで拓く主体的な学び
サブタイトル 成長を促すフレームワークの実践
刊行日 2017年6月30日
著者 柞磨昭孝
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-1426-8
Cコード C3037
ページ数 232
判型 A5
製本 並製

本書はそのICE モデル理論の有効性を検証したものであり、実際にICE モデルを導入している高校における、国語、地理歴史、数学、理科、外国語、家庭科、芸術・音楽、保健体育の教科での授業実践で、実際に使用されている質問票やルーブリックなどを収録し、すぐ役立てることが出来る。本書は、ICE モデルによる授業デザインを基にし、生徒や学生が自ら学ぶ喜びを享受でき、それが更に深い学びに発展し、社会参画する力を育むための軸を持ったアクティブラーニングの実践を記した力作であり、希望である。

はじめに
第1 章 学ぶことの意義と主体的な学び
第2 章 主体的な学びとICE モデル
第3 章 ICE モデル
第4 章 ICE モデルによる授業デザイン
第5 章 ICE ルーブリック
第6 章 授業づくりの準備
第7 章 ICE モデルを軸とした授業デザインと授業実践
おわりに
引用参考文献
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る