タイトル オーストラリアのグローバル教育の理論と実践
サブタイトル 開発教育研究の継承と新たな展開
刊行日 2014年02月26日
著者 木村裕著
定価 3600+税
ISBN 978-4-7989-1220-2
Cコード 3037
ページ数 272
判型 A5
製本 上製

開発教育からグローバル教育へ
―地球市民の育成をめざすオーストラリアの挑戦
経済開発援助から社会と人間のより包括的かつ持続可能な開発へ-開発概念の深化に伴い拡大・発展してきたオーストラリアの開発教育は、今や人権・多文化・環境・平和教育等とも分野を共有し、「地球的危機」解決へ向けた実践人育成をめざす「グローバル教育」として展開されている。本書は、こうした経緯を活写し、さらに、カリキュラム、授業実践、評価法など学校教育への導入について具体的に紹介・考察した初の書であり、今後のわが国の開発教育・グローバル教育充実のため必須の研究である。

序 章
第Ⅰ部  グローバル教育の歴史的展開
 第1 章  開発教育から グローバル教育への歴史的展開
 第2 章  グローバル教育プロジェクトの全体像とその特質
第Ⅱ部  グローバル教育プロジェクトへの開発教育研究の継承
 第3 章 コルダーとスミスの 開発教育論の特質と課題
 第4 章 フィエンの 開発教育論の特質と課題
 第5 章 『 グローバル・パースペクティブ・シリーズ』に対する連邦政府からの影響
第Ⅲ部  グローバル教育の新たな展開と可能性
 第6 章 『 グローバル・パースペクティブ・シリーズ』に基づく実践の具体像とその可能性
 第7 章 後期中等教育修了試験が実践に及ぼす影響
終 章

関連書籍
ページ上部へ戻る