タイトル ハンナ・アレント
サブタイトル 共通世界と他者
刊行日 2015年01月27日
著者 中島 道男
定価 2400+税
ISBN 978-4-7989-1274-5
Cコード 3036
ページ数 248
判型 四六
製本 上製

自由と友愛の共通世界
 -その基底をなす「他者」と「複数性」

テロルとイデオロギーによってすべての人間を巨大な「単数」に組織する全体主義と対比して、本書が強調するアレント思想の核心は「複数性」である。アレントが自由と友愛の共通世界として志向するのは、各々が「他者」である「複数」の人間から成る共同体であり、その成立を巡って本書で考察される政治論、文化論、人権論、権力論等のすべてにもこの「複数性」が貫通しているが、それは純一を尊ぶ日本の「和の精神」の、あるいは対極にあるものかもしれない。

第1章 世界への愛

第2章 政治・自由・他者

第3章 趣味判断論―共通世界と他者

第4章 人権論―〈諸権利をもつ権利〉と共通世界

第5章 権力―デュルケムの「力」との関連で

第6章 〈公共性〉論の位置―デュルケム、バウマン、アレント

関連書籍
ページ上部へ戻る