タイトル 主体的学び 2号
サブタイトル 特集:反転授業がすべてを解決するのか
刊行日 2014年11月12日
著者 主体的学び研究所 編
定価 1600+税
ISBN 978-4-7989-1272-1
Cコード 1037
ページ数 160
判型 A5
製本 並製

ますます期待が高まる反転授業
―その実践と課題を特集
我が国のみならず世界主要国で注目されている反転授業だが、その有効性については未だ実証されていない。本特集では、様々な取り組みを紹介しつつ、反転授業の安易な導入の危険性について注意喚起をし、より実りあるものとするために必要な研究開発を探る。全国の教育関係者に好評をもって迎えられた創刊号に続く研究誌、第2弾。

特集:反転授業がすべてを解決するのか
反転授業へのアンチテーゼ 船守 美穂
反転授業はアクティブラーニングを加速するか 土持ゲーリー法一
 付録:高校生のコンセプトマップとポートフォリオ高等教育における思想の変革 ジョン・タグ
 解説:「パラダイム転換」後のアメリカの高等教育改革の動向 土持ゲーリー法一

事例研究
「スマイル学習(武雄式反転授業)」で日本の教育が変わる(1) 代田 昭久
高大接続の現場より 倉部 史記

海外研究
解釈する能力と情報を反復する能力(1) 山田 肖子

講演会および対談
主体的学びに授業収録は役立つか宮原俊之・ 渡辺博芳・上之薗和宏

関連書籍
ページ上部へ戻る