タイトル 居住福祉研究14
刊行日 2012年11月01日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-0152-7
Cコード 3036
ページ数 96
判型 A5
製本 並製

大震災と復興支援を居住福祉の視点から特集

巻頭言 
 原発不要・居住福祉の国土に!(早川和男)
 2013年度日本居住福祉学会大会予告
■シンポジウムⅠ 東日本大震災と復興支援
 東日本大震災と復興支援(岡本祥浩)
 コミュニティを核とする復興(山口幸夫)
 岩手大槌健康サポートセンター事業にみる被災者の参画プロセスに関する研究(寺川政司)
 東日本大震災におけるパーソナルサポートセンターの取り組みについて(立岡 学)
 岩手県大船渡市での大船渡応援団の活動(高橋英與)
■シンポジウムⅡ 居住支援型社会的企業の挑戦と展望
 居住支援型社会的企業の挑戦と展望(水内俊雄)
 「のわみ」の居住支援、中間ハウジング(シェルター運営事業)の取り組みと提言(三輪憲功)
 NPO法人大東ネットワーク事業團が第二種社会福祉事業を始めて10年目を迎えて(小林 真)
 地域支え合いの場つくりを通じた居住福祉へ(西口宗宏)
 民間の居宅サービス事業(南 高夫)
 居宅サービス産業としての考察(齋藤宏直)
■居住福祉評論
 基本的人権としての「居住の権利」(早川和男)
 震災と憲法闘争(村山正晃)
■翻訳・解説
 国連人権理事会決議「災害状況における居住の権利」(解説・翻訳:穂坂光彦)
 若年成人の住まいへの権利(解説・翻訳:高島一夫)
■学会賞・認定証
 2012年度「日本居住福祉学会賞」の贈呈
 2012年度「居住福祉資源認定証」の贈呈
■居住福祉の本棚
 井上英夫著『住み続ける権利』(大本圭野)
 家正治編集代表『「居住の権利」とくらし』(大庭宣尊)
 家正治編集代表『「居住の権利」とくらし』(鎌田 慧)
 島本慈子著『大震災で住宅ローンはどうなるのか』(神野武美)
 倉田 剛著『居住福祉をデザインする』(大山 博)
 (財)正光会編『精神障碍者の居住福祉』(内山治夫)
 大本圭野著『わが町はいかにして先進自治体となったか』(金持伸子)
■資料 東アジア居住福祉宣言

関連書籍
ページ上部へ戻る