タイトル 居住福祉研究17
サブタイトル 強制移住・強制立ち退き
刊行日 2014年05月15日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1231-8
Cコード 3036
ページ数 96
判型 A5
製本 上製

震災・原発事故を中心とした強制移住を特集。

巻頭言 認知症の人の居住環境と留意点(渡辺光子)
■特集:強制移住・強制立ち退き
 特集として「強制移住・強制立ち退き」をとりあげるにあたって(大本圭野)
 原発事故による避難と居住に関する課題(塩谷弘康)
 原発震災から3年、福島の実状と課題(伊東達也)
 震災から3年「県外避難者への住宅支援」(古部真由美)
 公営住宅の追い出しの実態と課題(小池田忠)
 応能応益家賃制度とは何か(美濃由美)
■居住福祉評論
 国民不在の医療制度改革(山路克文)
 スウェーデン住宅政策小史(高島一夫)
■2013年9月宇和島研究集会報告
 精神障がい者の地域居住をどう支えるべきか(神野武美)
■居住福祉の本棚
 松島松翠編著『現代に生きる 若月俊一のことば』(大本圭野)
 天野彰『脳が若返る 家作り 部屋作り』(早川和男)
 上野勝代他『あたりまえの暮らしを保障する国デンマーク』(清水民子)

関連書籍
ページ上部へ戻る