タイトル 居住福祉研究30
サブタイトル 提言 新型コロナ危機と居住福祉の課題
刊行日 2021年02月28日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1685-9
Cコード 3036
ページ数 120
判型 A5
製本 並製

新事務局長就任のご挨拶(黒木宏一)
巻頭言 災害時の居住課題に支援の連携を(栗田暢之)

■特集:提言 新型コロナ危機と居住福祉の課題
大衆社会を襲ったコロナ禍と居住福祉学 (神野武美)
コロナ禍の災害復興で求められていること (吉田邦彦)
コロナ禍で露わになった日本の医療の構造的問題(山路克文)
思想なき住宅政策は民族の崩壊に繋がる、コロナより怖いあなたの住まい (鈴木靜雄)
コロナ禍で広がる新しい形の地方創生 (藤田 洋)
新型コロナとエヴィデンスに基づく家づくり・住まいづくり (高木 聡)
住宅業界における With・After コロナ対応 (長井克之)
コロナ禍での大学教育と学生の学び (黒木宏一)
地域生活定着支援センターの役割とその運営上の課題\ (掛川直之)

■ 論 文
中国・青海省チベット地区における牧畜民の居住選択に関する研究 (彭毛夏措)

■日中韓居住問題国際会議報告
地球温暖化時代の居住福祉・災害復興・水資源確保を考える (吉田邦彦・桑 月佳 )

関連書籍
ページ上部へ戻る