タイトル 日本人画工 牧野義雄
サブタイトル 平治ロンドン日記
刊行日 2013年03月01日
著者 ますこひろしげ著
定価 5400+税
ISBN 978-4-7989-0164-0
Cコード 3070
ページ数 560
判型 A5
製本 上製

日本人芸術家のもう一つの生き方天皇陛下、東郷元帥、大隈前首相、珍田大使(駐英)、そして牧野義雄──世界の名士として選んだ日本人五人中の一人という、新聞年鑑(1919 年)の評価が示す英国での名声と、今彼の名を知る人さえ稀な日本の現状──この極端な落差が語るものは何か?留学そして帰国後の声価というわが国 画壇の定型を破り、英国の庶民に支えられ、さらに上流社交界でも愛され、半世紀にわたり現地で活躍し続けた水彩画家の生涯が、風景画を中心とした 画業とともに蘇る。

口 絵プロローグ 「神々の愛でし人」
 第一章 天国の入口
 第二章 霧中彷徨
 第三章 霧中の灯
 第四章 夜明けの歌
 第五章 カラー・オブ・ロンドン
 第六章 広がる世界
 第七章 日本の五人の名士第八章 交際社会の寵児第九章 社交と隠遁第十章 戦間期エピローグ 懐かしき父母の膝下にあとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る