タイトル 芸術に根ざす授業構成論
サブタイトル デューイの芸術哲学に基づく理論と実践
刊行日 2020年2月28日
著者 桂 直美
定価 3700+税
ISBN 978-4-7989-1624-8
Cコード 3037
ページ数 384
判型 A5
製本 上製

芸術経験のインディビジュアリティを教育実践にどうつなげるか?

芸術経験は本来的に、個々人の美的感覚や想像力に依拠している。
そのため芸術の教育は、教えないことで子どもの自由な表現を尊重するのか、教授目標として設定できる技術・知識を教えるのか、の二者択一論で展開されてきた。
本書は、デューイの芸術哲学を出発点として20世紀前半からの芸術授業の展開を追うことでこの課題を再考し、二者択一を超えた新たな授業構成の枠組みと、オルタナティブな教育実践のあり方を示す。
「美的経験」そのものを目指す授業へのパラダイム・シフトの方法を示唆した労作。

序章 緒論
第Ⅰ部 芸術に根ざす授業構成に関する理論的研究
第1章 芸術の授業構成とデューイの芸術教育哲学
第2章 「創造的音楽」における「発生的方法」
第3章 「美的教育」プログラムと美的教育論
第4章 「鑑識眼と批評」による芸術の授業構成と評価
第5章 「美的教育」ワークショップにおける学び
第Ⅱ部 芸術協同実践の創造
第6章 「発生的方法」による芸術表現教育の構成と評価
第7章 「美的教育ワークショップ」の学校教育における展開
第8章 教室空間における芸術協同実践の創造
第9章 「鑑識眼と批評」を原理とした授業パラダイムの転換
終章 結論 

関連書籍
ページ上部へ戻る