タイトル 食品公害と被害者救済
サブタイトル カネミ油症事件の被害と政策過程
刊行日 2015年02月26日
著者 宇田和子
定価 4600+税)
ISBN 978-4-7989-1287-5
Cコード 3036
ページ数 432
判型 A5
製本 上製

「食品公害」は決して終わっていない
その被害が極めて深刻であるにもかかわらず、納得のいく補償もなされぬまま45年以上が経過し、今なお有効な対処が確立されていない――本書は、現在も多くの被害者が苦しんでいる「カネミ油症問題」の経緯を、改めて詳細に検討し、不条理な結果をもたらした原因を鋭く追及するとともに、法律上は存在しないとされてきた「食品公害」を独自の問題として認識することの必要性を指摘し、被害の救済策を具体的に提言する。

はしがき/序 論
第Ⅰ部 本研究の視点と事例の基礎的知識
 第1章 食品公害問題の分析視点
     ―公害・化学物質汚染問題の先行研究より 第2章 食品公害という問題認識の必要性
 第3章 油症をめぐる医学的・化学的知見の整理
第Ⅱ部 油症問題の歴史
 第4章 なぜ油症が起きたのか
     ―第1期:事件発生の前提条件(1881-1968)
 第5章 なぜ被害者は訴訟を取り下げたか
     ―第2期:裁判闘争(1968-1987)
 第6章 なぜ被害者は沈黙したか
     ―第3期:特例法成立期(1987-2007)
第Ⅲ部 被害と政策過程に関する考察
 第7章 救われる被害、救われない被害
     ―森永ヒ素ミルク中毒事件との比較
 第8章 2007年時点から見た油症の被害
 第9章 油症「認定制度」の特異性と欠陥
 第10章 食品公害の被害軽減政策の提言
結 論
参考文献/資料/索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る