タイトル 女性の大学進学拡大と機会格差
刊行日 2020年10月30日
著者 日下田岳史著
定価 3600+税
ISBN 978-4-7989-1645-3
Cコード 3037
ページ数 304
判型 A5
製本 上製

日本で女性の大学進学率が増加しているのはなぜか?
女性の進学先が短大から大学にシフトし、女性にしても男性にしても「大学全入」という言葉が広く使われるようになった。本書は、ライフコースの多様性を前提とする経済分析という視点から、大学進学が女性のライフコースにおける「オールマイティー」な選択肢となっていることを明らかにする。他方で、女性の大学進学率増加の背景に残存するジェンダー・ギャップの諸相を喝破した一冊!

序 章 高等教育政策の変遷にみる研究課題の所在
第1章 先行研究のレビュー
第2章 分析枠組みの設定
第3章 収益率分析と結婚の期待効用
第4章 「オールマイティー」な大学と短大離れ
第5章 短大の再発見と「女性向け」進路
第6章 自宅志向という教育費抑制策
第7章 短大世代の仕事・結婚と子供の進路希望
終 章 資金調達力格差とジェンダー格差の緩和に資する教育投資のあり方
補 論 高等教育の量的拡大を説明する古典的マクロ理論
附 録

関連書籍
ページ上部へ戻る