タイトル 高等教育における視学委員制度の研究
サブタイトル 認証評価制度のルーツを探る
刊行日 2014年03月15日
著者 林透 著
定価 3800+税
ISBN 978-4-7989-1216-5
Cコード 3037
ページ数 216
判型 A5
製本 上製

高等教育質保証システムの定着のために
2004年の認証評価制度導入から早10年。一体、認証評価制度導入以前の時代、大学設置認可後の質はどのように保証されていたのだろうか。日本の高等教育は、戦後一貫して、欧米からの影響が圧倒的で、わが国独自の制度はその陰に隠れ、顧みられることがなかった。しかし、あるシステムの移入・定着には、その国特有の歴史的構造・文脈との融合が不可欠である。本書は、わが国の高等教育視学委員制度に焦点を当てた、初の本格的研究である。戦前・戦後100年近く、高等教育質保証システムに一定の役割を果たしてきたこの制度は、今、高等教育関係者の見逃せぬ検討課題として立ち現れてきたのだ。

序 章 問題の所在と研究の枠組み
第1章 戦前における 視学委員制度
第2章 戦後における 視学委員制度の展開
第3章 アクレディテーションと 視学委員制度
第4章 視学委員制度の運用
第5章 視学委員制度から 認証評価制度へ
終 章
資料集

関連書籍
ページ上部へ戻る