タイトル 都市社会計画の思想と展開
刊行日 2009年10月1日
著者 橋本和孝・藤田弘夫・吉原直樹編
定価 2300+税
ISBN 978-4-88713-941-1
Cコード 3036
ページ数 224
判型 四六
製本 並製

新たなまちづくりの思想と実際の具体的展開

第1章 都市社会計画の方法的視座 橋本和孝 
 コラム リージョナリズム 速水聖子 
 コラム 都市と農村の連携 土居洋平 
 コラム 神田神保町書店街の生立ち 大内田鶴子
第2章 日本における地域開発の沿革とゆくえ 高橋一得 ―全国総合開発計画を中心として―   
 コラム 一極集中 金倉忠之
 コラム 裏日本 大澤善信
第3章 迷路と蜘蛛の巣を生み出す都市計画 藤田弘夫 ―なぜ、日本の街路は雑然としているのか―
 コラム 田園調布─日本型「田園都市」の現実─ 川西崇行
 コラム 景 観 桑子敏雄
 コラム アーケードの社会学 橋本和孝
第4章 地方自治体のガバナンス 新川達郎  ─協治と自己統治の都市社会計画へ─ 
 コラム 曲り角に立つガヴァナンス論議 吉原直樹
 コラム 市町村合併 吉野英岐
第5章 縮む都市と地域福祉 内藤辰美 ─変化する都市と地域福祉─
 コラム 少子化 藤井和佐
 コラム NPOについて 西山志保
第6章 まちづくりの論理と倫理 吉原直樹
 コラム ヘイ・オン・ワイと古書の町のひろがり 藤田弘夫     ―観光化と農村のツーリズムー
 コラム 路面電車 海道清信
 コラム 地域通貨 小地沢将之

関連書籍
ページ上部へ戻る