タイトル 言葉は社会を動かすか
刊行日 2009年12月01日
著者 松永澄夫編
定価 2300+税
ISBN 978-4-88713-953-4
Cコード 3000
ページ数 304
判型 四六
製本 並製

社会的場における言葉の働きと力 
言葉は社会にどう働きかけ、社会をどのように変えてゆくのか──こうした社会に作用する言葉の力の結節点として、社会運動、PC、テレビ、法律判定、民主政治等のトピックを通じて、社会的場における言葉の働き方を具体的に追求・解明するとともに、言葉・個人・社会間の相互関係・作用を多角的に分析・考察する。

時代を表現する言葉と社会の変化(松永澄夫)
言葉の運動としての社会運動(伊多波宗周)
言葉の力への信仰と絶望─ポリティカル・コレクトネス問題に即して(高橋若木)
テレビの言葉―報道の現場で踊る言葉たち(安藤優子)
法律における言葉―立案作業の現場から(橘幸信)
民主政治と日本語(中野晃一)
言葉が人を動かすのか(渡辺誠)

関連書籍
ページ上部へ戻る