タイトル 成瀬仁蔵の帰一思想と女子高等教育
サブタイトル 比較教育文化史的研究
刊行日 2019年11月30日
著者 大森 秀子
定価 3200+税
ISBN 978-4-7989-1582-1
Cコード 3037
ページ数 296
判型 A5
製本 上製

宗教と教育の統合を目指す成瀬の帰一思想

アメリカの哲学と教育から多大な影響を受けた、女子高等教育のパイオニアである成瀬仁蔵の宗教教育を論じた前著『多元的宗教教育の成立過程』の続編として、本書は比較教育史の観点より新資料を通じて成瀬の思想形成の全体像を解明したものである。アメリカ留学時代を再考し、教育面では日米の同時代人との比較からリベラル・エデュケーションと専門教育のバランスのとれた女子高等教育論を、宗教思想の面では国内外の帰一運動の分析を通して多元的宗教教育論を詳述。世界の宗教教育と女子教育の行方を考える上で必読書の一書となろう。

主要目次
序章
第1章 武士道に接木したキリスト教
第2章 アメリカ留学における宗教と学問
第3章 天皇制国家主義時代における女子高等教育構想
第4章 20世紀初頭の日米女子高等教育
第5章 国内外の帰一運動
第6章 宗教的人間形成論
第7章 日本の宗教教育論議
終章
主要参考文献
付録1 帰一運動に関する文書
  2 成瀬仁蔵略年譜

関連書籍
ページ上部へ戻る