タイトル 学長リーダーシップの条件
刊行日 2019年12月10日
著者 両角亜希子編著
定価 2600+税
ISBN 9784-7989-1607-1
Cコード C3037
ページ数 216
判型 A5
製本 並製

大学は学長によって変わる いま必要なのは大学経営人材養成だ

今日の日本の大学の課題は多岐にわたり重い。90年代から急速に展開される様々な大学改革の下で、学長を頂点とする上級管理職に対する期待が高まり、ガバナンス改革で学長の権限が強化されてきた。しかし、諸外国の事例からみても、その人材育成が十分といえず、資質や経験だけでなく、養成という視点が不可欠である。本書は国公私立の大学上級管理職へのアンケートやインタビュー調査から、頂点に立つ学長のリーダーシップの発揮により、大学は着実に変えられることを明らかにした学術的実証研究である。変容と対応を厳しく迫られている大学の在り方を考える学長はじめ上級管理職者を目指す者、大学経営にかかわる教職員の必読文献である。

序章
第1部 大学上級管理職のしごと・研修の実態
 第1章  大学上級管理職の能力養成
 第2章  大学上級管理職向け研修・教育プログラムの現状と課題
 第3章  アメリカの大学の学部長・学科長のリーダーシップ
 第4章  大学教員の意思決定への参加の現状と上級管理職に対する評価
第2部 学長たちはどう育ち、どう改革をリードしているのか
 第5章  大学教員から管理職へ
 第6章  学長の属性と大学経営への影響
 第7章  学長のリーダーシップ能力とその養成
 終 章
資料
執筆者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る