タイトル 現代という時代の自己理解
サブタイトル 大学・研究=教育の自由・責任
刊行日 2021年9月30日
著者 T.リット著、小笠原道雄・野平慎二編纂訳
定価 ¥2640(本体¥2400+税)
ISBN 9784798917191
Cコード 1030
ページ数 240
判型 四六
製本 上製

現社会秩序の強制を容認できない時の学者・研究者の責任と勇気。一貫する人間陶治論。

対立する東西の政治原理やイデオロギーを止揚し、同時代の社会秩序と個人の間の絶え間ない葛藤を真摯に見据えた「自己理解」は、現代社会における科学・学問のあり方に通底する痛烈な批判を投げかける-。
リット晩年の論集『東西対立の光に照らした科学と人間統治』(1958)より二篇、最初の単著論文集『歴史と生』(1918)より一篇を編纂収録。                                          

課題設定 はしがき
序文
凡例

Ⅰ 時代の転換期における大学
科学と時代意識/共産主義の時代意識/イデオロギーと科学/幻想と真理/時代意識のなかの技術/時代意識のなかの国家/伝承と継続教育/人間についての科学/人間以外のものについての科学/自然科学と自己省察/救いの力としての科学

Ⅱ 現代という時代の自己理解
自己理解の本質/啓蒙主義の自己理解/共産主義イデオロギーの自己理解/西側世界の不確実性/生の合理化/自然科学と技術における合理化/共産主義システムにおける「進歩」/西洋の思考における人間と「事物」/西側の思考における人間と生の秩序/東側と西側の国家理解/人間と歴史

Ⅲ 現代を歴史的に理解する
歴史の像の形成/偽りの歴史の像/歴史的理解を目指した教育/歴史的な自己批判への教育

解説
あとがきに代えて

関連書籍
ページ上部へ戻る