タイトル 教学マネジメントと内部質保証の実質化
刊行日 2021年03月
著者 大学基準協会監修 永田恭介・山崎光悦編著
定価 3520円(本体3200+税)
ISBN 978-4-7989-1698-9
Cコード 3037
ページ数 344
判型 A5
製本 上製

大学の自律性に根差した質保証のための具体的提言!
2000年代以降、大学・学部の新規設置審査が緩和されたことによって、多くの新規大学・学部が認可された。その一方で、ユニバーサル化が進む高等教育の質をいかに保証するかが目下の課題となっている。本書は、全4部16章から質保証をめぐる全体像の把握および国外事例との比較検討を通し、大学内部で自律的に行われる自己点検・評価を基幹とした質保証システムの再構築に向けた具体的提言を行う。わが国の教育・学修の評価方法に再考を促した、教職員必読の一冊!

序 章 我が国の高等教育の質保証と制度(永田恭介・工藤潤)
第1部 大学の内部質保証の現状、課題、そしてさらなる深化
第1章 内部質保証の背景とその意義(早田幸政)
第2章 大学基準協会が求める内部質保証(工藤潤)
第3章 大学の内部質保証 その定着に向けて(田代守)
第4章 内部質保証システムの機能の実質化に向けて(大森不二雄)
第2部 内部質保証システムと教育プログラム評価
第1章 教育プログラム評価の目的と意義(生和秀敏)
第2章 内部質保証と教育プログラム評価(松坂顕範)
第3章 教育プログラム評価と教学IR(高森智嗣)
第3部 学習成果の可視化とその具体的取組
第1章 学習成果の現状と課題:学習成果を巡る国際動向と比較(山田礼子)
第2章 学習成果の策定とその測定(川嶋太津夫)
第3章 大学基準協会における学習成果の測定に対する評価(蔦美和子)
第4部 内部質保証に関する諸外国の事例
第1章 欧州における内部質保証の枠組みと各国での取り組み(堀井祐介)
第2章 タイにおける収斂化が進む4つのタイプの内部質保証(堀田泰司)
第3章 台湾における大学評価(原和世)
第4章 アメリカにおける質保証の取組(前田早苗)
終 章 これからの質保証と大学基準協会(山崎光悦)
執筆者一覧

関連書籍
ページ上部へ戻る