タイトル ポストドクター
サブタイトル 若手研究者養成の現状と課題
刊行日 2014年12月22日
著者 北野秋男著
定価 3600+税
ISBN 978-4-7989-1245-5
Cコード 3037
ページ数 328
判型 A5
製本 上製

折角の若手研究者を
   なぜ十分に活用できないのか
日本の博士号取得者のうち、常勤研究職に就けぬ「ポストドクター」の数は近年ますます増加し、すでに2万人を超えている。その多くは研究への熱い情熱を抱きながらも、不安定な生活のうちに呻吟している。今や「ポスドク問題」は本人の問題だけでなく、貴重な人材を活用できぬ国家の一大損失ともなっている。本書は、ポスドク問題の経緯と現状に関し、詳細な調査のもと諸外国との比較も交え、その深部にまでメスを入れている。若手研究者育成の見地から、解決へ向け具体的に考察を展開した、関係者必読の本格的研究である。

序 章 研究の課題と方法
第一部 日本のポスドク制度の現状と課題
 第1 章 大学院拡充化問題と大学教授職の推移
 第2 章 ポスドク制度の起源と発展
 第3 章 「雇用型ポスドク制度」の現状と課題
 第4 章 首都圏のポスドク制度
 第5 章 人文・社会系分野における「ポスドク問題」
 第6 章 ポスドク・キャリア支援の現状と課題
 第7 章 各大学のポスドク・キャリア支援の現状と課題
 第8 章 わが国の「ポスドク問題」の総括
第二部 諸外国のポスドク制度の現状と課題
 第9 章 アメリカの高等教育事情と研究開発費
 第10章 アメリカのポスドク制度の現状と課題
 第11章 アメリカのポスドク・キャリア支援の現状と課題
 第12章 諸外国のポスドク制度
 終 章 ポスドクに求められる新たな研究者資質

関連書籍
ページ上部へ戻る