タイトル 豊田とトヨタ
サブタイトル 産業グローバル化先進地域の現在
刊行日 2014年10月20日
著者 丹辺宣彦・岡村徹也・山口博史編著
定価 4600+税
ISBN 978-4-7989-1234-9
Cコード 3036
ページ数 440
判型 A5
製本 上製

グローバル企業トヨタを擁する
豊田の現在を活写した都市研究
トヨタ自動車の本社機能・工場群を擁し、日本経済を牽引する一つの中心地である豊田の実像は、いままで謎のベールに包まれていた。地方出身の従業員たちが定住化するとともに地域的紐帯の強い「中流社会」が形成され、まちづくりが活発化する一方、厳しい競争のなかで日系ブラジル人、期間工をはじめとする流動層はどこに向かうのか。本書は、長期におよぶ調査をもとに、シカゴ派も新都市社会学もみることがなかった産業グローバル化先進都市の現在を明らかにしている。

序 章 変貌する豊田と研究の視点   
第Ⅰ部 豊田:地域社会の俯瞰図
 第1章 産業グローバル化先進地域の経済活動と階層構成
 第2章 トヨタ自動車の地域戦略と組織再編
 第3章 豊田市のコミュニティ施策の展開
第Ⅱ部 産業グローバル化先進都市の地域コミュニティ
 第4章 産業グローバル化先進都市豊田の地域コミュニティ形成
 第5章 自動車産業就業者の地域生活
 第6章 女性たちの社会活動参加
 補 章 周辺階層の形成メカニズムと社会的紐帯
第Ⅲ部 まちづくりのアクターとネットワーク
 第7章 産業都市における市民団体の活動空間とネットワーク
 第8章 豊田市における市民活動の展開とその支援政策
 第9章 女性たちが担う市民活動の展開―三つの団体事例をめぐって
 第10章 トヨタ自動車のボランティア活動
 第11章 自動車産業退職者の定年帰農
第Ⅳ部 多文化共生と地域統合のかたち
 第12章 多文化共生にかかわる市民活動
 第13章 多文化共生をめぐる市民活動のネットワーク
 第14章 グローバル企業の人材獲得と育成
 終 章 岐路に立つ豊田とトヨタ

関連書籍
ページ上部へ戻る