タイトル スウェーデン北部の住民組織と地域再生
刊行日 2012年02月01日
著者 中道仁美・小内純子・大野晃編著
定価 3800+税
ISBN 978-4-7989-0106-8
Cコード 3036
ページ数 272
判型 A5
製本 上製

地域再生の鍵をなす住民の主体性都市への人口流出、地方社会の空洞化は、わが国はもとより先進国共通の社会問題だ。地域再生に向けたスウェーデンの取組みを、EU及び同国政府の政策を背景に、長年の現地調査に基づき、新しい形態の協同組合や社会的企業等の活動を考察した本書は、とりわけこれら諸活動と連携して地域活性化の中核をなす「集落自治会」に着目し、その実態を詳しく紹介している。地域再生の鍵が住民の主体性にあることを改めて認識させる労作。

はじめに(中道仁美)
第1章 スウェーデン条件不利地域の政策とEU構造基金(中道仁美)
第2章 イェムトランド県における地域再生活動と支援システム(小内純子)
第3章 協同組合の展開と住民による地域再生運動(中道仁美)
第4章 人口希薄地域の住民生活と集落自治会(大野 晃)
第5章 「社会的企業」による地域づくり活動と住民自治(小内純子)
第6章 スウェーデンの集落自治会(ビアラーグ)活動と住民自治(小内純子・吉澤四郎)
補 論 家族と親族ネットワーク(中道仁美)
おわりに(大野晃)

関連書籍
ページ上部へ戻る