タイトル 傲れる野獣の追放
刊行日 2013年09月01日
著者 G・ブルーノ著 加藤守通訳
定価 4800+税
ISBN 978-4-7989-1188-5
Cコード 3310
ページ数 316
判型 A5
製本 上製

闊達・躍動的に描き出す人間精神浄化の物語<br>本著作集中三編の「形而上学的対話」に対比される三つの「道徳的対話」の最初の書。ギリシア神話を題材に、ユピテルの道徳的改悛と悪徳を象徴する諸星座追放の物語を通じ、人間の自己改革と新たな自己形成の相をカラフルに描き出した雄編。本著作集第4弾!

訳者解説<br>説明の書簡 フィリップ・シドニーへの献辞と本書の概略<br>第一対話 天の浄化の始まり <br>第一部 老ユピテルの改悛とモムスの召喚<br>第二部 悪徳のホロスコープ<br>第三部 〈熊〉の追放<br>第二対話 天の浄化の中心思想 <br>第一部 真理・賢慮・知恵・法・審判<br>第二部 ヘラクレスの座を巡る論争<br>第三部 剛毅と勤勉<br>第三対話 天の浄化の完成 <br>第一部 閑暇を巡る論争<br>第二部 古代エジプト人の英知<br>第三部 アンリ三世への期待<br>訳注<br>

関連書籍
ページ上部へ戻る