タイトル 学級規模と指導方法の社会学
サブタイトル 実態と教育効果
刊行日 2014年03月20日
著者 山崎博敏著
定価 2200+税
ISBN 978-4-7989-1201-1
Cコード 3036
ページ数 192
判型 A5
製本 並製

学級規模縮小と指導方法の教育効果に関する初の実証的研究
学級規模縮小の教育効果――従来厳密な分析が不足し、主観に傾きがちだったこの問題を、ティーム・ティーチングや少人数学習とともに、大規模な全国調査と厳密な統計分析手法に基づき、その得失を実証的に明らかにした本書は、今後の我が国の学校教育の在り方や、授業方法・教員配置を考えるに際して不可欠な画期的研究である。

第1部 政策と研究
 第1章 戦後における学級規模縮小:その実態と政策
 第2章 学級規模の効果に関する先行研究:メタアナリシスを中心に
第2部 学級規模
 第3章 教員からみた学級規模:理想的な規模と順調度
 第4章 学級規模と授業方法が順調度に及ぼす影響:中学校の教科別分析
 第5章 児童生徒からみた学級規模:理想的な規模と順調度
 第6章 校長からみた教育目標の充実度
第3部 指導方法
 第7章 校長・教員からみたティーム・ティーチングと少人数学習
 第8章 児童生徒からみたティーム・ティーチングと少人数学習
第4部 学級規模・指導方法と学力
 第9章 学級規模と指導方法が小学生の学力に及ぼす影響
 第10章 本研究の総括と考察

関連書籍
ページ上部へ戻る