タイトル 教育哲学問題集
サブタイトル 教育問題の事例分析
刊行日 2013年03月01日
著者 宇佐美寛著
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-0159-6
Cコード 3037
ページ数 336
判型 四六
製本 上製

学会の現状を根底から批判し、教育の現実に正面から対処したものである。教育に関する問題意識をどう作るべきか。問題をどう発想すべきか。具体例によって論じる。

はじめに
序 論 「研究者人格」
本 論 ―問題をどう発想するか―
 第1章 〈ディベート〉の場合―概念の内容を疑う―
 第2章 「出口」論争の場合―研究における〈人間〉―
 第3章 「正義」と「ケア」―区別・対比の論理―
 第4章 ディレンマ―二元論の狭さ―
 第5章 言葉と経験―「地図」と「現地」―
 第6章 作文の授業―教育哲学の実践構想力―
 第7章 「子どもと哲学対話を」を批判する
 第8章 小笠原氏の宇佐美理論批判に対応して―記号論的覚書
 あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る