タイトル 新興国家の世界水準大学戦略
サブタイトル 世界水準をめざすアジア・中南米と日本
刊行日 2013年05月01日
著者 P・G・アルトバック/J・バラン編著 米澤彰純監訳
定価 4800+税
ISBN 978-4-7989-0134-3
Cコード 3037
ページ数 416
判型 A5
製本 上製

その活力と構想力は我々日本を超えている!グローバル化の只中、知の創造・伝達の中核をなす研究大学の質は今や国家の存亡さえ左右する。資金・人材・伝統の制約等、多くの障害に抗して世界水準の研究大学構築に挑むアジア・中南米諸国の姿は、21世紀初頭の世界的状況を顕著に反映している。新興国中で研究大学創設に先行している日本だが、果たして革新する力を持続できるか。すでに眼前の挑戦者である諸国の実態を活写した本書は、我々を驚愕させる必見の書。原著に加え、特に日本に関する一章を増補。

第1部 新興国家の大学戦略と日本
 第1章 知識と開発の帝国
 第2章 アジアとラテン・アメリカにおける高等教育政策と研究大学
 第3章 日本の「世界水準大学」政策の行方
第2部 世界水準をめざすアジア・中南米のトップ大学
 第4章 中国における旗艦大学と経済改革
 第5章 中国の研究大学:多様化、分類、世界水準の地位へ
 第6章 知識の受け売りを超えて:インドにおける研究重点大学の展望
 第7章 世界水準のインド研究大学への展望
 第8章 周縁国家における世界水準大学の創出:ソウル大学
 第9章 ブラジルの一流大学:当初理念と現行目標
 第10章 ブラジルの研究型大学
 第11章 学問の最高峰機関:国家建設大学としてのメキシコ国立自治大学
 第12章 メキシコにおける研究大学の役割:パラダイムの変化?
 第13章 チリに研究大学はあるか
 第14章 中所得国における研究大学構築への挑戦:ブエノスアイレス大学のケース
 監訳者あとがき
 索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る