タイトル 未曾有の「国難」に教育は応えられるか
サブタイトル 「じひょう」と教育研究60年
刊行日 2012年03月01日
著者 新堀通也
定価 2800+税
ISBN 978-7989-107-7
Cコード 3037
ページ数 432
判型 A5
製本 並製

まさに生涯現役の活力溢れる時評・研究史卒寿を過ぎてなお第一級の研究・分析・批判力──そのみなぎる知の活力を如実に示す432頁。わが国教育社会学のパイオニアとして、多くのユニークな研究で戦後の教育界をリードした著者による、教育・社会・政治、さらに2011年の東日本大災害に至るまで30年に及ぶ定点観測的社会時評及び、共にわが国の嚆矢をなした夜間大学院、臨床教育学に関する記念碑的論考から成る本書は、教育関係者のみならず、広範な読者の共感必至の一冊である。

はじめに―なぜ本書を出版するのか
第1部 戦後から21世紀まで何を主張してきたか
 Ⅰ 時代と教育 
 Ⅱ 教育改革の再検討 
 Ⅲ 学校の宿命 
 Ⅳ 教師と子ども 
 Ⅴ 教育格差と大学
 Ⅵ 未曾有の「国難」 
 Ⅶ メルトダウンする教育 
第2部 教育研究60年の自分史
 Ⅰ 教育社会学と私 
 Ⅱ 臨床教育学の課題―研究歴をふまえて 
 Ⅲ わが研究の軌跡―ある教育研究者の「自分史」 
 Ⅳ 教育研究60年―分析図表の提唱 
第3部 著書一覧

関連書籍
ページ上部へ戻る