タイトル 比較教育学研究53
刊行日 2016年8月10日
著者 日本比較教育学会編
定価 1700+税
ISBN 978-4-7989-1374-2
Cコード 3037
ページ数 188
判型 A5
製本 並製

特集:比較教育学の視点からみた日本の大学入試改革(論)

<特集> 比較教育の視点からみた日本の大学入試改革(論)
特集の趣旨(藤井佐知)
イギリスにおける大学入学者選抜制度改革―GCE試験制度改革の分析―(山村滋)
ドイツの大学入学制度改革―グローバルな視点から―(木戸裕)
韓国における大学入試改革―新たな「学力」の評価への挑戦―(松本麻人)
グローバルな文脈における日本の大学入試改革―ディスカッサントの論考―(田中義郎)
高大接続の日本問題(荒井克弘)

<論文>
ドイツにおける二大政党間の学校政策の相違に関する研究
―PISAおよび国連調査と保護者の改革運動に着目して―(栗原麗羅)
アラブ首長国連邦における国民と外国大学分校
―教育ハブの中の「アラブ基盤型」発展論理―(中島悠介)
バングラデシュにおける保護者の就学前教育選択の論理
―学校教育への期待と育児観の影響に着目して―(門松愛)
ベトナムにおける障害がある子どものための教育保障
―インクルーシブ教育の受容をめぐる制度に着目して―(白銀研五)

<書評>
南部広孝著『東アジアの大学・大学院入学者選抜制度の比較―中国・台湾・韓国・日本』(石井光夫)

関連書籍
ページ上部へ戻る