タイトル 日本の大学経営
サブタイトル 自律的・協働的改革をめざして
刊行日 2020年07月20日
著者 両角亜希子著
定価 3900+税
ISBN 978-4-7989-1639-2
Cコード 3037
ページ数 424
判型 A5
製本 上製

わが国の大学経営の現状と課題を全20章で詳説する!
少子化に伴う18歳人口の減少によって大学の経営環境はより厳しさを増し、各大学がこの危機を乗り越えるべく、大学改革や統廃合などといった試行錯誤の最中にある。今日、大学と教職員が一体となった協働的かつ自律的な改革を行うためには何が必要なのか?担当者へのアンケート調査やマクロ・ミクロデータなどを用いた質的・量的双方の研究アプローチから国公私大を包括した大学財政を取り巻く現状と課題を把握し、今日のわが国に必要な大学経営のあり方を展望した、まさに時宜にかなった一冊。

はしがき
序章 大学経営をめぐる状況と課題
第一部 大学をめぐる環境変化
第1章 18歳人口減少のインパクト予測
第2章 私立大学の入学定員充足率の変動
第二部 厳しさを増す大学財政
第3章 私立大学財政の変化
第4章 国立大学経営と教員人件費
第5章 大学の財務マネジメントの実態と課題
第三部 大学の戦略的マネジメント
第6章 私立大学のマネジメント改革が経営改善に与える影響
第7章 ガバナンス、人事制度、組織風土の影響
第8章 中長期計画の実質化はいかに可能か
第9章 成果の上がる中期計画をどう作るか
第10章 アメリカの大学の戦略的計画
第四部 大学のガバナンスの課題
第11章 私立大学のガバナンス改革の課題
第12章 日韓の私立学校法の比較
第13章 大学の統合・連携
第五部 大学改革における教職員の役割と意識
第14章 経営人材としての大学職員の役割
第15章 大学経営・政策コースの自己評価
第16章 大学改革が教員の活動に与えた影響
第17章 教員の意識の世代間ギャップ
第18章 教育と研究をめぐる教員の意識
終章 日本の大学経営の課題と展望
初出論文一覧/あとがき/事項索引/人名索引

関連書籍
ページ上部へ戻る