タイトル 病と芸術
サブタイトル 「視差」による世界の変容
刊行日 2022年11月
著者 中村高朗編
定価 税込1980円(本体1800 円+税)
ISBN 978-4-7989-1813-6
Cコード C1070
ページ数 136頁
判型 A5
製本 並製

「病気」の「視差」によって新たな世界が見える

コロナ・パンデミック、大災害、悲惨な戦争、革命幻想などの「病気」になるとモノや世界の事象に変化をもたらす。本書は「視差」により今まで見えていた別の層が顔を出す。病気は単なる芸術表現の素材だけでなく、新たな美の発見があることを、夏目漱石、谷崎潤一郎、R・ブルックス、S・モリッシーの最新研究を通して芸術表現の新たな地平が開かれる。

はしがき (中村高朗)
大正デカダンスとその病 (谷川渥)
現れる身/体に現れる〈病〉―『細雪』身体不調論(丸川哲史)
ロメーン・ブルックス(相馬俊樹)
「健全だったもの」が解けていく―シネイド・モリッシーの病気詩(虎岩直子)
芸術と病の諸相―まとめ(中村高朗)
あとがき (中村高朗)
執筆者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る