タイトル 2040年 大学よ甦れ
サブタイトル カギは自律的改革と創造的連携
刊行日 2019年10月初旬
著者 田中弘充・佐藤博明・田原博人
定価 2400+税
ISBN 978-4-7989-1585-2
Cコード 3037
ページ数 240
判型 A5
製本 上製

「学問の自由」と大学の「自主・自律」の具体的提案―大学ルネサンスの新時代へ!
2004年に始まった国立大学法人化がもたらした様々な歪みや課題――文系学部(大学院)廃止・転換論、基盤的財源の不安定化・枯渇と格差拡大、若手研究者の不足など――を指摘し、法人化が「学問の自由」および大学の「自主・自律」を奪ってきた現実を喝破した前著『検証 国立大学法人化と大学の責任』の続編。本書では、財・官主導の新次元の「大学改革」の実態に切り込み、そこから現状の抜本的改善を提案することで、「学問の自由」と真の「自主・自律」に向けた現実的な方途を構想する。いま、各地で蠢動しつつある再編・統合では果しえない大学の創造的再生を目指して、元国立大学学長の3人が再び集結し、わが国の「大学改革」に鋭くメスを入れる!

はしがき
はじめに
第一章 大学改革の新次元
第二章 ポスト法人化のパースペクティブ―二つの将来像
第三章 大学教育を見直す
第四章 研究力低下をどうみるか
第五章 事務職員の力を生かした大学へ
第六章 誰にとっての自主・自律か
補論 教育を見直す
Ⅰ 教育はこれでよいか
 Ⅱ 教育の明日を考える(鹿児島大学名誉教授 萬田正治)
文献・参考資料

関連書籍
ページ上部へ戻る