タイトル エリートの育成と教養教育
サブタイトル 旧制高校への挽歌
刊行日 2020年2月10日
著者 市川昭午
定価 3400+税
ISBN 978-4-7989-1606-4
Cコード 3037
ページ数 312
判型 A5
製本 上製

現代にあるべきエリートをどう育成するか?
反エリート主義を掲げるポピュリズムが世界的な規模で進行し、エリートはもはや大衆による糾弾の標的とすらなっている。そして、こうしたわが国のエリートの「劣化」は、学制移行に伴う旧制高校的な教養主義の空洞化と軌を一にしているのである――。
エリート教育論、教養教育論、旧制高校論の三者関係を再考し、今日の社会的・国家的要請に応えた「エリート」の実像を捉える!

はしがき
第1部 エリート育成の是非
第1章 エリートとは誰のことか
第2章 エリートの教育
第3章 忘れられた武官エリート
第4章 才能教育という代替
第5章 エリート教育の展望
第2部 教養教育と教養主義
第1章 教養及び教養教育
第2章 大学における教養教育
第3章 教養教育の空想性
第4章 教養主義の諸相
第5章 教養主義の成立と没落
第3部 旧制高校論再考
第1章 どんな学校だったのか
第2章 教育の内容と教職員
第3章 旧制高校文化の特質
第4章 旧制高校の消滅と復活論
第5章 旧制高校論の再検討
参考文献/あとがき/事項索引・人名索引

関連書籍
ページ上部へ戻る