タイトル エビデンスの時代のFD
サブタイトル 現在から未来への架橋
刊行日 2020年6月30日
著者 A・L・ビーチ、M・D・ソルチネリ、A・E・オースティン、J・K・リヴァード著
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-1608-8
Cコード 3037
ページ数 248
判型 A5
製本 並製

来るエビデンスの時代の羅針盤――今日の社会的要請に応えたFD実践とは何か?

世界の高等教育の環境はオンライン授業の拡大、任期付教員や非常勤教員の増加により、急速に変化している。これに今日ではコロナが覆い被さるといった激変の時代において、学生や教職員、大学経営のより複雑化したニーズに応えるために、アメリカでは「チェンジ・レバー(変化の梃子)」の役割としてFDが重視されている。本書は、アメリカFD専門職団体(POD)会員を対象に実施された2回の継続調査を基に、米国内外のFDネットワーク連携、大学ごとのFD組織の差異、実施しているFDサービスの現状と課題を余すところなく明らかにし、来るエビデンスの時代のFD実践として新たな指針を提供する!
(林透・深野政之・山崎慎一・大関智史訳)

日本語版の序文/エビデンスの時代に向けた日本版FDのための処方箋/翻訳にあたって
序 論 
第1章 私たちは誰なのか?
第2章 私たちの職務は何を目指しているのか?
第3章 どこで誰と仕事をしているのか?
第4章 対象とするFDサービス
第5章 ファカルティ・ディベロップメントの方法
第6章 私たちはどこへ行くのか?
第7章 私たちの職務の中で、アセスメントをどのように行うのか?
第8章 私たちは何を学んできたのか?
附録A 質問用紙/附録B 大学類型別サービス
参考文献/原著者紹介/訳者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る