タイトル シカゴ学派社会学の可能性
サブタイトル 社会的世界論の視点と方法
刊行日 2021年1月25日
著者 宝月 誠著
定価 6800+税
ISBN 978-4-7989-1655-2
Cコード 3036
ページ数 528
判型 A5
製本 上製

変動社会にどのように向き合うのか
20世紀初頭、急激な産業化や移民・移住者の大量の流入が生じたシカゴ。アメリカで最初の社会学の拠点となったシカゴ大学の研究者たちは、めまぐるしい都市環境の変動に適応する人々の社会生活を活写した。本書はトーマスとズナニエツキ、パークとバージェスさらに彼らの指導で産まれた多様な「モノグラフ」を丁寧にレビューし、シカゴ学派社会学の現代的意義を解明する。

はじめに
第1章 「科学」としての社会学を求めて ―トーマスとズナニエツキの挑戦―
第2章 人間生態学の視点 ―パークとバージェスの貢献―
第3章 シカゴ・モノグラフの諸相
第4章 コミュニティの社会解体と再組織化 ―ショウの非行研究を中心に―
第5章 ダーティワークの世界 ―レクレスとサザーランドのモノグラフを手掛かりに―
第6章 シカゴ学派のその後の展開 ―方法論を中心に―
第7章 社会的世界論の視点と方法
おわりに

関連書籍
ページ上部へ戻る