シリーズ 高等教育研究論集
タイトル 科学技術社会と大学の倫理
サブタイトル 高等教育研究論集第4巻
刊行日 2020年9月30日
著者 羽田貴史
定価 3200+税
ISBN 978-4-7989-1656-9
Cコード 3037
ページ数 296
判型 A5
製本 上製

大学・研究機関による研究倫理マネジメントの指南書!

近年のわが国の学術界において、データ改ざん・捏造・盗用などの研究不正や研究費の不正流用が度々取り沙汰されてきた。
それは、研究方法などが重視される一方で、研究者としての倫理の醸成については、教育の一環ではなく、個々に一任してきたということが背景にある。
本書は、研究者が有する社会的責任の所在を明らかにし、研究倫理のマネジメント手法を確立・提言した、大学教職員および研究者必読の一冊である。

はじめに
第1部 研究倫理の現状と課題
第1章 テクノサイエンス・リスク社会における研究倫理の再定義
第2章 研究倫理に関する世界の動向と日本の課題
第3章 全国調査から見る日本の学問的誠実性
第4章 人文・社会科学分野における研究倫理の課題
第2部 研究倫理マネジメントの手引き
第1章 研究倫理を理解する
第2章 科学研究の社会的責任という倫理
第3章 研究倫理マネジメントのアプローチを理解する
第4章 研究倫理マネジメントに取り掛かる
第5章 研究倫理マネジメントの制度設計を行う
第6章 コンプライアンス・アプローチを進める
第7章 研究倫理のゲート・キーパーを作る
第8章 インテグリティ・アプローチを進める

関連書籍
ページ上部へ戻る