タイトル 生協共済の未来へのチャレンジ
刊行日 2021年07月30日
著者 公益財団法人 生協総合研究所 生協共済研究会編著
定価 ¥2630(本体2300+税)
ISBN 978-4-7989-1723-8
Cコード 3030
ページ数 248
判型 A5
製本 並製

激しく変容する社会にあって、生協共済を問い直して展望を切り拓く!
60年以上にわたって生協共済の事業が発展を遂げてきた一方で、近年、保険に関わる法改正や市場競争の激化などによって、保険会社との差異が見えづらくなっている。本書は、生協共済のアイデンティティと従来の事業活動を見直し、「人生100年時代」を迎えた今日、新たに取り組まれているインシュアテック、マイクロインシュアランス、国際的な保健組織との連携等について考察を行う。全体と個の莫大な情報制御と長期的予測の視野から協同組合としての意義を再確認し、変容する新たな時代に適合する生協共済のあり方を究明した研究成果。

はじめに
第1部 生協共済のアイデンティティ
第1章 共済と保険の相違      (米山高生)
第2章 生協共済の組織的特質、制度的枠組みとアイデンティティ(栗本 昭)
第2部 生協共済の事業運営
第1章 生協共済の事業デザイン   (岡田 太)
第2章 共済のリスク区分      (宮地朋果)
第3章 自然災害に対する共済団体の取り組みと残されている課題(吉田 朗)
第4章 生協共済の財務健全性の確保 (大塚忠義)
第3部 新たな課題へのチャレンジ
第1章 人生100年時代の新たな生活リスクに立ち向かう(小塚和行)
第2章 人生100年時代のライフプランニング活動・生活保障設計運動(藤川 太)
第3章 インシュアテックと共済事業  (崔 桓碩)
第4章 マイクロインシュアランス普及の現状と課題(根本篤司)
第5章 国際協同組合保険連合(ICMIF)と同連合アジア・オセアニア協会(AOA)の活動とその展開(髙橋成人)
おわりに/執筆者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る